風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「針聞書」が面白そうな件について

針聞書

針聞書というのは永禄年間摂津の人が書いたとされる医学書だそうです。

ごらんの通りのいいかげんを極めるぞんざいな腹の虫シリーズが記されてますw

ホントなのかコレ?

「俺の先祖は怖い人だったかも」の類じゃねえのか?とか思っちゃいますね。

九州国立博物館の収蔵品らしいですが…
http://www.kyuhaku.com/pr/collection/collection_info01.html

本も出てるしなんか鋳物のフィギュアも買えるみたい。






ところで誰かこのアマゾンのリンクを横に並べる方法をご存知だったら
教えてくれませんかm(_ _"m)

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ウルトラ満天下」挑戦者現る | HOME | パーントゥ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。