風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

僕らが死体を拾うわけ

僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌
(1997/06)
盛口 満

商品詳細を見る


決してヘンな本ではありません
ショッキングなタイトルから想像するような内容ではないです。

ゲッチョ先生と生徒たちの特別授業の奮闘記です。

ゲッチョ先生の本は自然科学好きにはオススメします。

ところで、
最近はココリコ田中と中川しょこたんの「飛び出せ!科学くん」が毎週楽しみです。

科学くんの中の人、見る人が見ればわかるんだろうなあ。
特撮スキーですがスーツアクター趣味はなくって。



スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新作はカバーで鈍意製作中 HM/HR(´┏Д┓`) | HOME | 愛用のシャープが>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。