風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

意識した昭和 滲出る昭和

土偶1

そもそもなんで懐古Pなのかといえば、1作目の「とくさつ」が懐古趣味的ととらえられたからなんでしょうなあ。

俺的にはアレは懐古趣味のつもりはなかったです。
単に「マニアの広い知識」的なものを広げた状態を表そうとしただけです。

他の作品についても、全部が意識して昭和テイストにしたモノなわけでも実はないです。
「南極~」はヴィレッジピープルのパロディが入っているので昭和と言えば昭和
「Snow~」も昭和終わり頃のアニメをイメージしているので昭和
「ウルトラ~」は昭和ウルトラと平成ウルトラのイメージを混ぜたつもり、
「 す 」は間奏のアコギとかが昭和を意識、
「恋のキッチン5億年」は「恋の~」とか言ってる時点でタイトルが昭和

以外は、みなさんお聞きになられて昭和を感じるとしたらそれはあえて入れた昭和ではなく、昭和のお父さんが作ってるからどっちみち入ってくる昭和
つまり にぢみでる昭和であります。

加齢臭みないなもんですね。


…やだそれ



スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<モモタロスのプリンを作ってみた | HOME | 忌野清志郎さんの冥福を祈る>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |