風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

東京都新宿区に住んでいた

新宿

前の関係ない写真つかっちゃった。

この間 実家の母から聞いてたまげた。

40年近く前に住んでいた社宅がまだあって、兄と見てきたというのだ。

GoogleEarthで見てみたが、案の定 自分の記憶では特定できなかった。
宮古や浜松よりさらに幼少の頃とは言え 新宿だからストリートビューもあるのに。

統合で昔の地名はもうない。

どんどん過去が蒸発していく。

自分から、そして世界から消えていくとても大事だったはずのもの達は

すでに何故大事だったかも思い出せない。



まさかと思うけどこの蒸発は今の俺に追いついて来ないよね?
それって… ((((;゜Д゜)))




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<忌野清志郎さんの冥福を祈る | HOME | 今週のスナフキン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |