FC2ブログ

風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

瘴気城の歌姫機械 第4話アップしました



最終回です

シリーズ製作全部で2年半かかりました…

これでやっと部屋が片付きます(片付けるとは言ってない


2話エンディングでワブンカグーのCVが「???」になっていたのは
こういう事でした。
2話のセリフもルカに喋らせてエフェクトかけたものです。

「明日のあなたに」は架空言語です。キャラクターが喋っている
言葉とはまた違う言語という設定でこちらは一切文法などは考
えてありません。楔型文字的な文字も完全に適当です。
晦冥の歌姫は「地球の記憶にアクセス」的な能力で歌を紡いで
いますが、人類滅亡後(わずか)400年の間に色々あって
(狂ったAIに支配されたりとか)言語も複数の体系が
出来ては消滅している、その中の一つを使っている模様です

ウールゲルマ一体分の晦冥元素でやっと勇者の心臓を修復
出来たのに子供の姿とは言えアルベタウラとコンユドゥードゥー
の元素だけで人間一人を作れたのか?
その秘密はコンユドゥードゥーの元素クラスタ影(歯車)が
青かった事にあります。
構成物が晦冥元素に散り戻る瞬間にその「意味」の
最小単位が歯車の姿になって見える元素クラスタ影、
ケルセカイが言う「慧度」の低いものは黒く見え、
高いものは銀、そして金色が最高のはずだったのです。
青い歯車、ケルセカイも見た事が無い極めて真正元素に
近い高慧度の元素をコンユドゥードゥーは持っていた。
(ケルセカイが「青いクラスタ影!」と驚くシーンも
予定していましたが冗長なのでカットしました)
振り返れば彼が歌姫や魔物の中で一番感情が豊かだった
と思います。魔物は目にハイライトがない設定でしたが
最後にコンユドゥードゥーがウールゲルマを想って泣く
時には瞳に輝きが見られます。
彼こそがこの物語の主役だったのかもしれません

アルベタウラの左腕や足先がメカなのは魔物としての
コアであるソウルフラスクが既に限界で身体を維持
しかねる状態だったからで、(だから17号に交代)
真鍮色の部分はケルセカイが作ってあげた義手です。
勇者に斬られたワブンカグーの鎧の腕には中の腕は
通っていません。
アルベタウラは目も盲いていて、ワブンカグーの鎧を
着ている時しかものが見えていないという事になって
います


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | "混沌の福音"の訳詞を書いときます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。