風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

吹雪が俺を覚えてくれない

fubuki

仕事のある日はほとんどやれないので艦これあんまり進んでいません。
夏イベントもE-1で春雨ゲットしただけでほっぽちゃんにも会えませんでした。

今キス島攻略中なので駆逐艦ズを育てています。

そして久々に吹雪が秘書艦になったら、やっぱり

「はじめまして」

と言われる。


吹雪俺を覚えてくれないのかい。



観なかったものの昨夜はエヴァQの地上波初放送でした。
Twitterが盛り上がってましたが、
艦これやりながらTLを見ててふと気付いた事が。

俺が艦これにそこはかとなく感じていた妙な怖さ、
それはエヴァQの、悪い夢を見ている時のような怖さに
少し似ている。

そもそも艦娘ってなんなのか。ロボ的なものなのか。

みんななんとなく考えてるのは、
実在の戦艦たちの残留思念のようなもの、じゃないでしょうか。
うっすら先の大戦で沈んだ記憶が残ってる者もいるみたいだし。

そうすると、艦これに感じる悪夢のような薄い恐怖の正体が見えてきます。

艦これは提督である俺が見ている悪夢じゃなく
過去の大戦で沈んで行った船の亡霊たちの見ている夢に
俺がつきあわされている
のじゃないか

そうすると、壊れたロボットみたいに同じ事を繰り返ししゃべったり
俺を司令官と認識しながらも常に初対面のつもりだったりする娘達の
様子も全部納得できる

完全に壊れてるイクとかはもちろん
マトモそうに見える赤城さんや陸奥もみんな、
消え去る寸前の亡霊なのだ

そう思えばこれからは
吹雪に「はじめまして!」
と言われるたびに
笑顔で「ああ、今日もはじめまして」
と答えられるような気がして来ました





にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル:オンラインゲーム

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハロウィンの何がそんなに憎いのよ | HOME | 手抜きの技法ばかり蓄積してきた7年間>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |