風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

手抜きの技法ばかり蓄積してきた7年間



2008年の「南極のニンゲン」のVを電脳MAVO用に作り直しています

当時のイメージのまま全体的にアニメーション化してみました

一旦出来上がったVを見ていて、そう言えば当時この構図を自分で描いてて
でんでん太鼓を持たせたくなったけど止めたのを思い出しまして
当時のブログにも「盛り込み過ぎかと思って止めた、でも盛り込み過ぎ
くらいでよかったかも」とか書いてたなあと、
それなら今やろうかと言う事になり
既に出来上がってるアニメーションに太鼓を描き加えるという作業。

そんなわけでネット上で「まんが日本昔ばなし」のOPを探して
観てみましたんですが

その芸術性の高さに改めて打ちのめされるハメに。

神性を持っていながらも柔和で少しも怖くない竜の表情、
大自然の具現化としての竜である事をあらわすその無限にも
思われる長さ。そして素朴な絵柄でいてこれもまた何か
神性を帯びている童子の顔。
(あれが「龍の子太郎」なら子供はただの人間ですが、俺的には
あくまでモチーフで「龍の子太郎」とは別物と考えています)

そして何より、アニメーションとして微塵も手抜きがない。
ごまかしの効かないゆったりした動きを一枚一枚きちんと
動画を描くことで表現している。

音楽がすばらしい事はもちろんですが、広い世代に
長く愛されるその訳はやはり制作の手抜きの無さから
来ているのだと改めて感銘を受けました。


ハア、
思えばボカロ動画を作って7年間、アニメーションの腕が
上がる事は無く、如何に手を抜いて間を持たせるかの手法ばかり
蓄積されて来たなあ。

すこし考え直そうと思います(◞‸◟)
手抜きのない仕事とミリポリは飽きがこないのだ



にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<吹雪が俺を覚えてくれない | HOME | ホメてくれた人の曲を聞いてみると大抵イイ現象>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。