風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホメてくれた人の曲を聞いてみると大抵イイ現象



でんの子Pさんはどれもイイがこれが一番好き
どの作品も微妙な狂気テイストがふりかけられていますが
ちらり、ギラリと本物の狂気みたいなものが見え隠れする感じ、
たぶんそれほど意識してはやってないんだろうなあ。
その辺がセンスというか工夫じゃなかなかできません。
しかもかわいい。
でんの子Pは何かのきっかけでもっと有名になるかもしれないなあ

零細ボカロPなどやってますとつい定期的にエゴサーチなどして
自分の評判を見てみたりしがちなものですが、

自分の作品をホメてくれてるその人もボカロPだったりする事は
決して稀じゃなく、その人の作品を見に行ってみると

これがだいたいイイ


ジャンルが違うようでいてやはり趣味に共通点があるから?
それともホメてくれた人だから最初から好意的な見方で
見るから?

たぶんそういった事が複合的に絡んで
動物系のダシと植物系のダシを合わせると
1+1が5にも6にも
みたいな事が起きるのかもしれない。

この現象に名前をつけたいですね

 
にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<手抜きの技法ばかり蓄積してきた7年間 | HOME | 新曲「The taling seed」アップしました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。