風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

新曲「The taling seed」アップしました



「3メートルの彼女」「ミナモニとケルセカイ」に続く"懐古Pアビス"シリーズ第三弾です

いや、アビスってのは動画説明で他人格に乗っ取られた風の
ネタ書いたからってだけです

今回Vはクレイアニメになりました。これは「3メートル」のコメで
シュバンクマイエル的」ってのがあったのでそれならいつか粘土アニメ
やってやろうとずっと思っていたのを実現したのです

凝ったアニメーションのようでもありますが実は各シーン100枚前後の
写真しか撮っていません。編集で繰り返したり逆再生したりで間を
持たせています


お話は20代の頃HyperCardで組んでいた(予告編しか完成しなかった)
オリジナルゲームのストーリーの流用物です。
ある日道端で「種」に語りかけられそれを拾うところから始まる、
クリーチャー育成アドベンチャーと言うかインタラクティブ小説でした。
レアなブランチとして妖精のようなビューティー系に育つ所が
ウリ。(でも結末は全部主人公が死ぬ)


そして曲は高校生の時に考えたピアノのリフ(リフっていわないか)に
メロディーをつけたものです。
高校の時に作った曲の再利用は中年ボカロPあるある

投稿初日にピンクフロイドっぽいと看破されましたが
ピンクフロイドっていうかプログレっていうか、
ギターソロはデイヴ・ギルモアを意識した感じはイナメナイw

歌詞の訳を一応書いときます

私は話す
輝ける暗闇の中で

スターゲイザーは去るがいいだろう

あなたは語る
燦然たる暗闇の中で

星明かりが私の中にとけ込む

どこか、どこでもない、それともビアベリー畑?

ああ、やり残したことがあるのです

私は話す
茫漠たる流星群の中で

のろまなマーモットは去った

あなたは語る
危険な上陸許可の間に

監視者はまだ起きている

どこか、どこでもない、マンティコアの住処?

ああ、私にはもう時間がない


行かせて、私を行かせてください

私は何かを見た
凶暴な猛火の中

暗い痕跡は消えた

あなたは何かを見るだろう
猛り狂う旋風の中

新しい予言は的中する

どこか、どこでもない、ナックラビーの棲家

ああ、あなたにはもう時間がない




↓たまには押して行ってね

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ホメてくれた人の曲を聞いてみると大抵イイ現象 | HOME | 相撲取りはなんで「ごんす」って言うのか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |