風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

大予言2013年の大検証大解説

↓クリック


さて、2013年初頭にした大予言の解釈でもしますかな

まず

鋭き箱は雨の欲する国を穿ち
言うまでもなく台風と大雨の被害、スーパーセルが列島を襲った事を示しています

大星墜つる時笑う星も翳る
ロシアに隕石が落ちた事、アイソン彗星が大彗星として観測されるはずだったが
分裂してしまった事。恐ろしいほど正確に言い当てていますね

高きもの低くなるも長きもの長きまま、小さき物長ずるも硬きもの硬きまま
円高こそ緩和されたが不景気は回復せず、消費税アップは決定したが
財政再建の見通しはない
この辺は普通に予測してもこんな感じ

蟲は出づる山にあらざる処
鼠は這い出る蔵にあらざる処


スノーデン氏の米政府よる情報監視の暴露とその亡命を示しています

そして以下は今年亡くなった人

飛ぶは青、泳ぐは赤、歌うは緑、咽ぶは黒

これは青野武さん(宇宙戦艦で飛んでるし)、大滝詠一さん(赤はリンゴ)、
ミンディ・マクリーディ、ネルソン・マンデラ

最後の雷鳴の打ち据えしは罪無きなり。
締めの文句です




_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> ミンディ・マクリーディが苦しいよ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:予言に関するもの - ジャンル:

どうでもいいにも程がある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<成田山の豆まきに行って来た | HOME | 新曲「お前の父ちゃんボカロP」ZOLA アップしました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |