風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

貯金箱が割れました

lamp

東日本大地震で被災された方にお見舞い申し上げます。

俺は葛飾区で仕事をしていて、鉄道の全面運休で帰宅困難者の一人となり
仕事場に一泊するハメになりました。

ネット環境のない場所であった(仕事場なのに)にもかかわらず
家族とも比較的早く連絡がつき無事を確認できました。

しかしやはり非常時に家族のそばにいられなかった事が
自分でも知らぬ内に強いストレスになっていたようで、
土曜日まだ仕事がありましたが突然手につかなくなり
帰宅させてもらいました。
3時ごろ、原発のニュースを聞いたあたり、帰宅可能か
携帯で運行情報を調べていたら突然吹き出すように不安定になり
とても仕事が出来る状態でなくなりました。

動いたり止まったりの亀運転ながらなんとか帰宅。

家の被害としては

子供の貯金箱が割れました

部屋の本棚から本が散乱してシッチャカメッチャカ(古代マヤ語)に
なりましたが、もともとシッチャカくらいの事はあったので大事ないです

というわけで、わが家の被害は計上するほどにも無かったので
せめてとヤシマ作戦に微力ながら参加させていただきました。
写真はン十年ぶりに火をいれたランタン、
小学生の時にもらったものです



にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:地震 - ジャンル:日記

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<遅れてきた我が家のリトル震災 | HOME | 犬サイボーグ「The Kollie」について少し>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。