風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

相模原博物館と宇宙科学研究所に行ってきました

相模原市立博物館プラネタリウムに
「HAYABUSA ~BACK TO THE EARTH」を観に行ってきました。

半自律機械であるはやぶさがイトカワに着陸失敗、通信が途絶している間
自分で任務を遂行しようと何度も噴射を試みていたくだりあたりでもうツーンと
来ていましたが、
最後カプセルを放出して燃え尽きて行くCGでもうだめだorz

地球帰還以前に作られた作品のようで、「現在地球に向け航行中」で終わり、
エンディングが地球帰還の想像シーンになっていましたが
大気圏突入の様子が実際の映像と激似。

主に往路道中のトラブルがあまり紹介されてませんでしたが
(我らがミネルバたんも)全体的には、もうブルーレイ買うたろかって出来でした。

その後は宇宙科学研究所も見学。

宇宙科学研究所0
この文字列だけでもう胸熱

宇宙科学研究所1
入り口でパスをもらい

宇宙科学研究所2
林の中に急にあるとヘンな気持ちになるミューロケットの雄姿

宇宙科学研究所4
ペンシルロケットの実機

宇宙科学研究所3
そしてなぜかリポDライトに支えられるはやぶさのペーパークラフト
(カプセルとミネルバたんもいるよ)(いやちゃんとした模型もありましたよ)

等を堪能して帰りました。

ロケットや宇宙機で胸熱こいてるのはオトーサンだけで、
子供らはそれほど興味が無いようでした。現代っ子ェ

ぬりえ101205



ところで、今ごろになって発掘され

「恋のポンポコ桜吹雪」が世界の新着動画完走いたしました。888888888
「昭和のイカス漫画タイトル・表紙」以来二度目、ボカロ曲では初です。88888

これもひとえに応援くださった色々な皆さんのおかげケミストリーです。
皆さんありがとうございました!


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

行ってきた | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010年ニコニコ総括 | HOME | 新曲 「宇宙月兎作戦 ~GET IT ON!~」アップしました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |