風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

専用機には特殊な装置

吸わないか

代車で「ステラ」に乗って、あ、トルクが無え!
と、思った。

わが家のセカンドカーにして俺専用機は スバル「プレオ」。

プレオは、通称マイルドチャージャーと言う 街乗りに特化した中低速重視のメカニカル系過給器が搭載されており、
軽ながらリッターカー並の動力性能を誇っていた。



…この「動力性能を誇る」って部分がいいんだよなあ。


自分が乗る「専用機」が、特殊な装置によって他とは違う性能を持っている(もちろん軽の中でだが)っていう字面は、少年とかつて少年だった者にとってはなんとも不思議な満足感が得られる魔法みたいなものを放っている。

量産機じゃなくガンダムですよ。またはシャア専用ですよ。
あるいはV-MAXですよ。


…なんで軽自動車撤退しちゃったのかなあ。スバル。


野心的なデザインのR2,R1に続いて発売されたのが「ステラ」


正直「なんじゃこりゃ」と思ってしまった、

R2が野心的過ぎて売れなかったんだろうか、面白みも味もワクワク感もなんもない車。

この後、スバルは軽自動車の開発から撤退してしまう。

今売られているスバルの軽はダイハツのOEM供給車。

「ルクラ」の正体はタントエグゼ、そして 「新プレオ」はミラである。




…………あんなのプレオじゃないや。





俺はもう、壊れるまで旧プレオに乗る。

エアコンが全く効かなくなったけど、
メインカメラをやられたよりよっぽどマシだ。






写真関係ないのは恒例。
そして関係ない懐古P情報。

次回作は恒例のフライング干支ネタ。

そしてルカ。

ルカ初の三ケタどまり克服をめざします。


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新曲 「宇宙月兎作戦 ~GET IT ON!~」アップしました。 | HOME | レイチェル・ウォンとボカロ小学生>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |