風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

アメリカンチェリーウィスキー出来ました

そういうわけで、先日ふと思いついて仕込みましたアメリカンチェリーウィスキーが
成功しましたので、作り方書いときます。



アメリカンチェリーを洗います。のーやくがついてる気もするので、洗剤を1~2滴入れた水でよく洗います。
もちろんすすぎもよくします。

cherry_w02.jpg

皮を破らないように注意しながら軸を丁寧にとり、ペーパータオルで水気を完全に拭きます。

cherry_w03.jpg
cherry_w04.jpg
cherry_w05.jpg

氷砂糖とチェリーを交互にビンにいれ、ゆっくりウィスキーをそそぎます。
思いつきのものなので分量は適当ですが、第一回の実験データとして、

チェリー  130g
氷砂糖   80g
ウィスキー 170g

でやってみました。

チェリーウィスキー1005

そして寝かすこと一ヶ月。

cherry_w07.jpg

完成しました!

キレイ! うまい! 大体思い描いた通りの味に。

ロックで食前酒に。炭酸で割ってもこれはイケる!

当初の予定では二ヶ月寝かすつもりでしたが、一ヶ月めで味見をしてみたら充分チェリーの風味がでており、むしろこれ以上やると色や香りがボケてしまう気がしたのでこれで完成とします。
分量としましては、氷砂糖がもう少し多めでもよかったかもしれません。
これを見て作ってみようという方は上記より多めでやってみることをオススメします。


よし第二弾を仕込むぞ。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「ウルトラ満天下」身分不相応のケミストリー | HOME | 今年もミネラルフェアに行ってきました>>

この記事のコメント

普通は半年くらい寝かせるものだと思いますが・・・ちょっと早すぎませんか?
2010-06-06 Sun 20:01 | URL | ひで [ 編集]
ホワイトリカーのチェリー酒は3週間から2ヶ月で飲めるようになるとのことでしたので飲んでみました。
チェリー感を大事にする場合は今くらいがいいようです。
深みを求める場合はさらにつけ込むと。
2ヶ月でチェリーを引き上げる説とそのままがいい説があるようで。俺は引き上げようかな。でもこの量だとどっちみちすぐ飲んじゃうかもw
2010-06-07 Mon 08:27 | URL | wiwaxia [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |