風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドーパントのスカルメモリ作ってみた

ガチャガチャのサウンドガイアメモリシリーズ第二弾、残念ながらモモタロスメモリが出せませんでした。

そして「スカル」がかぶったので、敵役ドーパントのメモリを作ってみることに。



skull1
  
29話の井坂のウェザーメモリを参考に、タミヤのエポパテ速乾タイプでギーガーのようなあばら骨のようなモールドを。


skull2

溶きパテをベータベタ塗って(写真無し)形完成。溶きパテベータベタ工作でいいなら工作はホントにラクで楽しい。
そのむかしホビージャパンの溶きパテベータベタモビルスーツをモデルグラフィックスが暗に批判してたのを思いだすw
下地の黒をラッカー系で筆塗り。わざわざ分解して塗るのもめんどくさいので、音声キーやスピーカのスリットは避けて。


skull3

エナメル系チタンシルバーでややドライブラシぎみの塗装。


skull4

"S"マークを入れて完成! テラーとかタブーとかのメモリにするつもりでしたが、音声がスカルのままなので子供らの意見を入れて劇中にないスカルドーパント、悪のスカルということでちょっと悪っぽくアレンジしました。
ホントはS字をマスキングして外側にグラデーションがよかったんですがエアブラシが故障していたので筆塗り。


skull5

ウラ側。資料が少ないけど大体こんなもんだよね。後でTVをよくみたらコネクタの反対側には鬼のツノ状の突起があるようにも見えますがまあいいか。
乾燥時間を抜くと正味作業1時間程度。このくらいの凝りすぎない工作が一番楽しいですね。ワンフェスで売れるくらいの精度のものとなるとグッと作業がつらくなる。


kiri1

そしてツイピクにも載せたけど、切り札と疾風の時代劇版メモリも作ってみましたw
これもよくよくVをみたらコネクタの出っ張りは無いようであった。まあいいや
写真を撮る時 気がつきましたが「切」の字がツチヘンになっとる。普通に字として書く時は絶対間違えないようなことをレタリングとして「描く」とゲシュタルト崩壊起こしますね。子供が間違って憶えない内に削って直しました。

kiri2

もちろんドライバーにもちゃんとささるのだ!
一笑いぐらいのつもりが子供大喜び。自分も作ると言いだしました。

kiri3

劇中にない「炎熱」や「髑髏」のメモリを作ってました。



スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーW - ジャンル:テレビ・ラジオ

もの作り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チッチッチッチッcherry bomb! | HOME | アグネエエエエス!ナガミヒナゲシのはーながー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。