風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

【初音ミク】恋のポンポコ桜吹雪【オリジナル】について少し

新作についてすこし。



えー、知人にスポーツ観戦が好きなのに負けることがガマン出来ない人がいまして。

特に国際大会の日本代表対韓国なんていうと、もう観ない。観ていて負ける悔しさに耐えられないから。

観ないでおいて、「いやもともとこんな対戦キョーミないし」ってスタンスを最初からとることでどうやら自らの精神をストレスから守る防衛ラインを張っているらしい。
「負けるに決まってるし」
「韓国のほうがレベルが上なんだから最初から」
とか、サッカーにしろ野球にしろいつも言ってる。(もちろんキムヨナ選手とかも。)

確かに「絶対勝つぞ日本!」「真央ちゃんが金メダルに決まってる!」とか言ってるヤツよりその方が頭よさそうに見えますけどね。

そういうわけでその人は なんとあのWBC決勝戦も(自宅にいたのに)観なかった。

「そろそろ負けたか?」とか言ってチラッとテレビをつけた時、あのイチローの歴史的打席で、
「あれイチローに回ってる、じゃ ダルが撃たれたんだ、もうダメだ負け負け負け、はいごくろーさ~ん」ブチッ。

あんなにイチローファンなのに。あの劇的瞬間を見逃したのです。あと10秒つけときゃ観れたのに。
そしてラジオの速報で勝利を知って
「へえ勝ったのか。」
しばらくして
「まあ負けるよりはな。」
そして数日たって人と話す時は、もうライブで観てたことになってて嬉しそうに語ってる。

…しかし、それじゃあ嬉しさも楽しさも中くらいなりなんじゃないかあ?

俺はあんまりスポーツファンじゃないからよくわからないけど、それって正しいスポーツ観戦の態度なんだろうか。
「勝つぞ勝つぞ!絶対勝つぞ!」
「がんばれー!行けー!!」
で、勝ったら
「やったああああ!!」
負けたら
「ちきしょおおおおおおお!!!」
ってのが正しいスポーツの観かたなんじゃないんだろうか。
たぶん、その方が楽しいに決まってる。

そんな事 考えてたらこれはスポーツ観戦以外の事にも言えそうな気がして来まして。

悲しい事や苦しいことから自分のタマシイを守るため、防衛バリアーを張ってなるべく何も感じないようにしていたら、いざ楽しい事や嬉しい事があってもそれらを感じる心も弱くなっていて
「俺いま嬉しいんだよな、うん嬉しい」
ぐらいの感じになっちゃったりしないだろうか。

悲しいことがあったら思いっきり悲しんで、
苦しいことがあったら思いっきり苦しんで、そして
嬉しいことがあったら小躍りして喜んで、
楽しいことがあったら天を仰いで笑いましょうよ

その方が人生楽しんだ事に結局なるって。

っていうわけで作った歌です。
実際自分自身がそう生きていられてるかってとそうでもないw

長文失礼。






スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<この花を誰が名付けて犬の陰嚢 | HOME | 新曲 【初音ミク】恋のポンポコ桜吹雪【オリジナル】UP>>

この記事のコメント

深イイ話をありがとうございます。
あんまり強くないサッカーチームを偏愛している身としては勇気が出ましたw
そしてこの記事を踏まえて改めて聴き返してみると、また、泣ける……
僕も色々頑張らないとな、と思いました。
2010-03-28 Sun 22:44 | URL | ネリ・マクミン [ 編集]
「この人」を反面教師みたいに扱っていますが 正直自分自身振り返ってみればえらそうな事を言えない感じです。
ところで俺はサッカーファンって程でもないですが一応マリノスを応援しているのでサッカー的には敵ですね?!
まあ最近は言うほどJ リーグ観てないんですが。
2010-03-29 Mon 00:35 | URL | wiwaxia [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |