風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

メーカーさんに提案なんですが。

雪だるま

写真関係なくてすいません

こういうのをメーカーさんに作って欲しいシリーズ


●掛けたかどうだか判るカギ

みなさん出先で
「アレっ、カギ掛けたっけかな」
って不安になる事ありますよね。俺なんか家を出て10歩あるいて気になり出して取って返すなんてしょっちゅうです。
そこで提案なんですが、カギをかけるとカギの方に何らかの表示が出る仕組みのモノを作って欲しいのです。
電子的なものじゃなく、カギを回すことによってカムのようなものが押され、スライドスイッチのように"LOCK"の表示が出るカギ。(カギの方ですよ。トイレじゃないんだからドアの方じゃないですよ?)

どうですか美和ロックさん、ゴールさん。HORIさんユーシンショウワさんALPHAさん。

●オニオンロースター

カレーにシチューに、アメ色タマネギはうまいものだが作るのが大変ですね。
焦げないようにずっと見てなきゃならないし木ベラでまぜてなくちゃいけない。一時間も!

そこで提案なんですが、電気のアメ色タマネギメーカーを作っていただけないでしょうか。
電気だから温度管理もバッチリ、ビーターみたいなのが回転して常にタマネギを混ぜ返している。
タマネギをみじん切りにする機能もあった方がいいけどムリならそこはフードプロセッサで。

どうですかパナソニックさん、東芝さん。日立さんシャープさんツインバードさん


●コンクのお茶

最近いちいち急須でお茶を淹れるのがめんどくさくなってきました。
まあ、急須で淹れるダンドリもひとつのリラクゼーションと言えなくもないですが、
特に一人で飲む時などはもうだいぶめんどくさい。
回転寿司によくある粉のお茶(抹茶ではなく)もお茶殻が出なくていいんですが、めんどくさいと言いだせばあれすらめんどくさい。

そこで提案なんですが、濃縮液体コンクのお茶を出してほしいのです。
よくハチミツとかがが入っているような容器から、湯飲みにチュッと入れ、お湯を注げば瞬時にお茶。

どうですか伊藤園さん、ポッカさん。大塚ベバレジさんキリンビバレッジさんサントリーさんアサヒ飲料さん


●工場のプラモデル

「工場萌え」が話題になって久しいですが、俺も好きです工場。写真集も買ったしワンダーJAPANも読んでます。

そこで提案なんですが、工場のプラモデルを販売していだだけないでしょうか。
鉄道模型なんかにはわずかにあるようですがああいうのじゃなく
京浜や鹿島の石油系、奥多摩などの石灰系など、名だたる工場のスケール化。LEDでライトアップすればお洒落なインテリアにも!ウエザリングの腕が鳴る鳴る!

どうですか、タミヤさん、バンダイさん。長谷川製作所さん、青島文化教材社さん、フジミ模型さん河合商会さん。



えー、関係ない写真はこの間の積雪で作った雪だるまです。

南関東での雪だるまのコツは「車に積もった雪を最後の化粧に使え!」です。






スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

メーカーにお願い | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<メーカーさんに提案 その3 | HOME | 人生で一番>>

この記事のコメント

そういうのは特許を取るまで黙っておかないと!

炭坑のホッパーとかエレベータタワーの模型は欲しいですなぁ。Nゲージサイズで。
現役施設だけではなく、廃墟系もいいかも。足尾銅山とか軍艦島とか。
2010-02-08 Mon 23:43 | URL | ITHACA [ 編集]
「特許とかってほどじゃないアイディア」だけ
書きましたww

そうか廃墟か!それはまだ誰も思いついてないんじゃないか!福岡の志免炭鉱とかガレージキットで売ったら儲かるかも。
2010-02-09 Tue 08:31 | URL | wiwaxia [ 編集]
 AさんがカギをかけてBさんがカギを開けた場合、カギの「閉めた」状態をリセットするタイミングが無い。というのが難しいですね。
2010-02-09 Tue 23:11 | URL | 宇宙帝国p [ 編集]
はい。カギがかかっている状態か否か、だと家族がいる場合ややこしくなりますが、単に あれっ、俺ってば家出る時カギかけたっけか!?ってのの解消が目的ならばこの程度でいいかなと。
カギがかかっている状態をIT 的に携帯などで確認できるシステムも思いつきますがドロボーさんにハックされたらアレですし。一人暮らしの人がかけたはずのカギがいつの間にか開いてるのを確認したらそれはそれで恐っΣ(ロ゚ ノ)ノ
2010-02-10 Wed 00:25 | URL | wiwaxia [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |