風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ヒマワリとコスモス」についてほんの少し

拙作についてスコセッシ(それはもういいって)


たまには毛色の違うのもやろうかなということで、いつもの反則ラブソングシリーズを一回休みにしてフツーなマジメな曲を書いてみました。それだけです。
「ネタ系のPが真面目な曲をうpすると伸びない」ジンクス通り懐古P最弱再生数
(とうとう自分で懐古Pって言っちゃったよこの人)
サムネ絵も地味だったかなあ。

お聞きの通りペットロスの歌です。画像が無ければ恋人を失った歌とも取れますが、どちらを意図したのか、ホントは恋人だけど聞いた人が悲しくなりすぎないようにボカしたのか、それはご想像におまかせします。
少なくとも私の飼い犬が死んだわけではないのでご心配なく。懐古P何があったとかコメに書かれる前に書いちゃえ。

コメと言えば「そろそろ新曲くるかな」と書いて下さった方 するどい!
ちょっと仕事が立て込んでて時間が無かったですが、新曲現在鋭意(鈍意)製作中です。
ウルトラな感じの曲です。
「『南極のニンゲン』について少し」で自分で書いた「KAITOに歌わせたらモーホーの歌?」から思いつきまして、歌う者によって意味の変わる歌、
男声なら普通のヒーローもののOP曲風、だがミクが歌えばラブソングというネタになってます。
でもウチには兄さんもガックンもレンきゅんもいないので比較うpできませんな。

なんとか来月中には発表したいと思ってます。


スポンサーサイト

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ついカッとなって安全靴 | HOME | ヨネル大統領の貴重なシーン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。