風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

反則ラブソング in MAJOR



野尻抱介先生が拙作「とくさつ」について「実はラブソング」と評して下さったので
「反則ラブソングシリーズ」と言うのを始めた、と以前書きましたが

商業曲で俺が個人的に「コレは反則ラブソング!」と思うものをいくつか。



シークレットカクレンジャー

忍者戦隊カクレンジャーのOP。戦隊物の主題歌なのに、実は一人称の歌詞の主がカクレンジャーでも誰でもなく恋に悩む一人の青少年の歌。テレビで流れない二番の歌詞で判明します。



ドーム3コ分ってどのくらい?

Tower of Power の Only So Much Oil In The Ground の替え歌です。
いろんな物の大きさの比較をさんざん言って、最後にカップルがお互いの愛の大きさをはかりますww DANCE★MANはいいのう。



Science Fiction Double Feature

ロッキーホラーショーのオープニング。「"地球が静止する日"の時、マイケル・レニーは病気だった」とB級中心に昔のSF映画のウンチクをさんざん言って、レイトショーにカレシを誘う歌。最後の最後に "In the back row"。後の席でナニすんねん。SF関係あれへんがなww



スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<またまた「ほうき星」に! | HOME | カエラ 宣伝 そしてダイエット>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |