風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。
| HOME |