風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

銀塩タイムカプセル

昔使っていた銀塩のコンパクトカメラが出てきました。


ginen150905.jpg

そしたらフィルムも入っている。いったいいつのだろう。
なにが写ってるんだろう全く覚えがない

これは現像してみるかなと思ったが、カメラの電池が切れている。
このカメラは電池が切れているとフィルムの巻き取りもできないのだ。

電池は高いリチウム電池、このためだけに買うのも癪なので
単一電池をこのように接続

setuzoku150905.jpg

無事フィルムの取り出しに成功しました

十年以上ぶりにD.P.E.サービスに行ってみたらまだちゃんと銀塩の現像も
やってました(そりゃそうか)。
しかもなんと先客がいて待たされた
まだ銀塩カメラ使ってる人いるんだなあ。自分で現像するようなマニアだけじゃなく。

「古いカメラから出てきた物なので変質しちゃってるかもしれませんが」
と先に言って出したが、

henshoku150905.jpg

やっぱり少し変色していました。

95年か…20年も前だったか…
いやそんなわけあるか!写ってる長男は高校生、次男はまだ中学生だよ!
これはカメラのカレンダーが狂っていたのだ。たぶん10年ちょい前くらいですね

思わぬところから出てきたタイムカプセルのようで少しほっこりしました。
変色しちゃったけど現像してよかった。
銀塩にはデジカメにはない楽しみがあった事も思い出せたしね


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |