風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分で切るから床屋に行ってない

もう床屋に行くのがめんどくさいです。

待つのがめんどくさいです。

床屋に
「今日はお仕事お休みなんですか?」とか聞かれて
職業について説明するのがめんどくさいです。

もうオッサンなのでカッコつけてもしょうがないのに
毎回4000円も出すのがなんか納得行かないです
1000円床屋は混んでるし

だいたい花粉の時期、2月から梅雨入りまでは
とても床屋なんか行けない。


もうそんなわけで何年もほとんど床屋に行っていない。
伸び放題かと言ったらそんなこともなく、実は自分で切っています

簡単で失敗の少ない方法にたどり着きました




もし失敗してももうオッサンだからいっそ坊主にしちゃってもいいしねえ。

しかしたまに床屋に行くと
「これ自分で切りました?」とか必ず言われるのである
プロはやっぱりすごいですね





にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。