風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

過冷却、太陽光発電そしてラスコー洞窟

ラスコー洞窟

ようやく厳寒も一段落したようですがまだまだ寒いですね。

今年はまた1つ寒さに敗北して、電気敷布を買ってしまいました。
電気敷布あったかいよ電気敷布。

今年の異常な寒さで、この間は死ぬほど驚く目に遭いました。

子供が何たらの朝練だとかでここのところ車で学校に送っていたのですが、
走り出したら両方のドアがびろ~~ん。

慌てて閉めようとしても閉まらない。カチッとならない。
すわ故障か。両方いっぺんに?
息子がロックをかければとりあえず開かない事を発見したので
とにかくそれで学校まで。

ところが学校に着いたら今度はロックがはずれない。
閉じこめられた!!

大黒柱はうろたえてはいけません。
とりあえず座席を倒して後部ドアから脱出。


家に帰っておなじく後部ドアから出てみたら、

外側のドアノブが引かれた状態で止まっていました。

そういえば車全体が朝露で濡れていた、そうだ!

ドアノブに付いていた朝露が過冷却を起こしていて、
ドアを開けたショックで凍りついたのだ!

寒冷地か!


モノホンの寒冷地にお住まいの皆さんはこれしきのピロシキで驚いている東京生まれを
笑うでしょうか。


ところで

あんなに反対していたソーラー発電ですが、
とうとう折れまして導入決定しました。

業者に丸め込まれたわけじゃありません。
いくつか考え方を変えてみた次第です。

1つは、電気代の浮いたぶんでペイ出来るのか否かの問題でしたが、
ペイしない、としてもお金の使い道としては

車を買い替えるにあたって、
ファミリーカーで事足りる所を
カッチョイイスポーツカー買っちゃったあ


ぐらいの感覚かなあ。と。

それなら奥さんの長年の夢(なんでコレが夢なのか今いっこ不明だが)を
ひとつかなえてあげてもいいかなあ、と。

ただ、やっぱいくつかの不安が晴れない。
一番の不安は

ローン払ってるうちに太陽光発電なんかよりずっといいものが登場しちゃって、
あの家 屋根に太陽電池なんか乗せちゃってうぷぷー
なんて言われたりするようになっちゃったりなんかしないのか。

…不安だ



毎度おなじみ関係ない写真は、
ドネルケバブを焼く機械の汚れが馬と牛に見える件、でした
ラスコー洞窟のごたるなあ


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |