風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メーカーさんに提案 その3

bluebeer

メーカーさんどうですか。

●バターホイッパー

近ごろマーガリンがあまり体によくない、むしろバターの方がいいと言うような事を聞きます。
植物性だからバターよりいい、と言うのが幻想に過ぎず水素添加による常温固体化の段階で不飽和脂肪酸でもなんでもなくなっているのなら、本来バターのパチモンであるマーガリンを買う理由はあまりない様です。

(ほぼ)唯一の欠点として、冷蔵庫から出したてのバターはパンに塗りにくい。

だからバターのメーカーさんには「パンに塗りやすいホイップっぽいバター」を出して欲しいのですが、
ふと思ったのはそれよりバターをホイップっぽくする家庭用の機械を作ったら売れるのでは!?と言うことです。

泡で出てくるハンドソープあるでしょ。アレみたいな仕組みで。
バターを入れるとマイコン制御でちょうどエエ感じの温度に溶かされ、空気と混ざってホイップになってみにょ~んと出てくる機械。タッパに入れて冷蔵しておけば、朝食時にパンにサッと塗れる。おいしくてトランス脂肪酸もゼロですな!

どうですかパナソニックさん、東芝さん。日立さんシャープさんツインバードさん。

●黒い布団

布団は明るい色ばかりだ。清潔感があるからでしょうかな。そこで提案なんですが、
黒い布団はどうでしょう。日光に干すとすぐ熱くなる。少ない日照時間でもダニが死んで衛生的ですな!

どうですか西川産業さん丸八真綿さん。

●ホットのファイバー飲料

仕事の時は昼はコンビニ弁当、夜はそば屋の出前という生活です。食物繊維不足を補う(日本語がヘンか)べく、乗り換え駅の販売機でファイバー飲料を買ったりしてますが、
冬場は冷た~いの飲むと寒いよ中年オヤジは!
温か~いのも出してよ大塚製薬さん。(一社名指し!?)

●耳のかゆみ止め

ああッ!! 耳が痒い!耳が!耳がああーっ
耳かきがクセになるとついやりすぎてしまいますな。どうもアレは精神的な要因もあるんじゃないか。
だって遊んでる時は掻きたくならないもん。仕事とか始めるとたちまち耳かきに手が伸びる。
しこうして掻きすぎてヘンな水が出ちゃったりします。
ヘンな甘ったるいニオイがします。犬が嗅ぎに来ますw

んでもって耳かき禁止を自分に言い渡したりしますが地獄の苦しみです。
業を煮やして虫刺されのかゆみ止めを綿棒で塗ってみたりしますが、塗るのが難しい上 はたしてコレやっても大丈夫な事なんだろうか。

そこでメーカーさんに提案なんですが、なんか塗りやすい工夫の耳のかゆみ止めを出してくれませんか。点耳薬じゃなく、こう、なんか一本ずつパックされた綿棒的なものにあらかじめ薬がついてるとか。

どうでしょう大塚製薬さん第一三共ヘルスケアさん興和さん近江兄弟社さん池田模範堂さんエスエス製薬さんサトウ製薬さん。



えー、写真は毎度関係ない 青いビールです。感想→青い!

ビールメーカーさんにはフツーにおいしいフツーのビールをお願いしたいです。







スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

メーカーにお願い | コメント:0 | トラックバック:0 |

メーカーさんに提案なんですが。

雪だるま

写真関係なくてすいません

こういうのをメーカーさんに作って欲しいシリーズ


●掛けたかどうだか判るカギ

みなさん出先で
「アレっ、カギ掛けたっけかな」
って不安になる事ありますよね。俺なんか家を出て10歩あるいて気になり出して取って返すなんてしょっちゅうです。
そこで提案なんですが、カギをかけるとカギの方に何らかの表示が出る仕組みのモノを作って欲しいのです。
電子的なものじゃなく、カギを回すことによってカムのようなものが押され、スライドスイッチのように"LOCK"の表示が出るカギ。(カギの方ですよ。トイレじゃないんだからドアの方じゃないですよ?)

どうですか美和ロックさん、ゴールさん。HORIさんユーシンショウワさんALPHAさん。

●オニオンロースター

カレーにシチューに、アメ色タマネギはうまいものだが作るのが大変ですね。
焦げないようにずっと見てなきゃならないし木ベラでまぜてなくちゃいけない。一時間も!

そこで提案なんですが、電気のアメ色タマネギメーカーを作っていただけないでしょうか。
電気だから温度管理もバッチリ、ビーターみたいなのが回転して常にタマネギを混ぜ返している。
タマネギをみじん切りにする機能もあった方がいいけどムリならそこはフードプロセッサで。

どうですかパナソニックさん、東芝さん。日立さんシャープさんツインバードさん


●コンクのお茶

最近いちいち急須でお茶を淹れるのがめんどくさくなってきました。
まあ、急須で淹れるダンドリもひとつのリラクゼーションと言えなくもないですが、
特に一人で飲む時などはもうだいぶめんどくさい。
回転寿司によくある粉のお茶(抹茶ではなく)もお茶殻が出なくていいんですが、めんどくさいと言いだせばあれすらめんどくさい。

そこで提案なんですが、濃縮液体コンクのお茶を出してほしいのです。
よくハチミツとかがが入っているような容器から、湯飲みにチュッと入れ、お湯を注げば瞬時にお茶。

どうですか伊藤園さん、ポッカさん。大塚ベバレジさんキリンビバレッジさんサントリーさんアサヒ飲料さん


●工場のプラモデル

「工場萌え」が話題になって久しいですが、俺も好きです工場。写真集も買ったしワンダーJAPANも読んでます。

そこで提案なんですが、工場のプラモデルを販売していだだけないでしょうか。
鉄道模型なんかにはわずかにあるようですがああいうのじゃなく
京浜や鹿島の石油系、奥多摩などの石灰系など、名だたる工場のスケール化。LEDでライトアップすればお洒落なインテリアにも!ウエザリングの腕が鳴る鳴る!

どうですか、タミヤさん、バンダイさん。長谷川製作所さん、青島文化教材社さん、フジミ模型さん河合商会さん。



えー、関係ない写真はこの間の積雪で作った雪だるまです。

南関東での雪だるまのコツは「車に積もった雪を最後の化粧に使え!」です。







テーマ:独り言 - ジャンル:その他

メーカーにお願い | コメント:4 | トラックバック:0 |

人生で一番

気がつけば他の人の曲を紹介する記事をほとんど書いた事がなかった。
うどんゲルゲPの「ピコピコ娘」くらいか。




今回ホッとPの新作「人生で一番」を紹介します

今までホッとP曲の魅力は「一抹の寂寥感」だ みたいなことを言ってきたわけですが(言ってこなかったかも)
今回の新作で気付いた事があります。

「人生で一番」歌詞 http://www.satoyou.net/nm/c/jinsei.txt

最近の商業J-POPを聞いてよく思うのは(最近のJ-POPはとか言ってる時点でオサンー)
歌詞の語感の均質性が欠けているものが多い、と言うことです。

そのアーティストのファンに悪いから具体例は避けますが、
語りかけ口語口調の曲に急に堅い漢語単語が割って来たり、中二的な学術用語英単語が唐突だったりするリリックはどうもひっかかってしまいます。(思い当たる例にカチンとくる人は昭和のオッサンの戯言と聞き流してね)(あと、アレとかアレの事でしょうとか言わないでw)

しかしこの「人生で一番」は語感のバランスがとてもイイのです。

「快適で安全な空間」までの説明的文章の直後にくる「怖いの」
「濃淡」「瞬間」と堅い音の後に来る 甘い「どうしよう?」「悲しいの」。
均質性にこだわらない語感の緩急。

こういうリリックは計算で書くのだろうか。それともナチュラル?

ナチュラルで詩を書く才能に恵まれなかった俺のほとんどの歌は、う~んう~んと唸りながら作ったものなのでこういうのを聞くと少し打ちのめされる思いがします。
ナチュラルに湧いた歌って「めんどくさいうた」くらい。(!だからアレのみ人気が出たのか?!)

そして最初に書いた「一抹の寂寥感」ですが、ホッとPの曲は
やさしい歌詞なのに漠然とした寂しさが止まらないことがあります。
「ウィンターソング」「君とうさぎと新生活」などにもある
なにか「あらかじめ終わっているセカイ」にでもいるような胸のつまる寂しさです。

ちょっとトッピな話であまり賛同は得られないかもしれませんが誤解を恐れず書くと、
これと同じ寂寥感を俺はしりあがり寿先生や吉田戦車先生のマンガを読んでいて感じることがあります。(いや、もちろんホッとPの曲はずっとオシャレですが)
しりあがり寿の「他所(よそ)へ」を評してとり・みき先生が
「(自分の)担当は 普通に爆笑しましたがと言っていたが俺は涙が止まらなかった」とどこかに書いていたのを思いだしてしまうのです。
あれと同種類の「あらかじめ終わっているセカイ」の寂寥感が
なぜかホッとPの曲を聴くと湧いてくる、のです。なぜだかはよくわからない。

長文御無礼。

今回の新曲はちょっと「俺もマネしよう!」とか思っちゃった。
でも俺の次回作はたぶん「恋のポンポコ狸囃子」か「ルカが戦車(タンク)でやって来る!」のどっちかorz










テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

VOCALOID | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。