風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観ずにすむ映画はないかな

yarazu161007.jpg

吉田戦車先生の「はまり道」に「やらずにすむゲームはないかな」というネタがありまして。
「ゲームをやりたくないんですか」
「いや、やりたいんだ、でも最近なんだかやるのが億劫なんだ」
と、だから買ってきてもやらなくていい安心なゲームはないかなあ、という漫画でした。

これには当時すでに大人だった人は皆ウンウンと頷いて共感したものです。

そして最近はなんだか、劇場映画も「観ないで済む映画はないかな」とか思うようになってしまいました。
「君の名は。」とか、観たら面白く感動するだろうとは思ってたけど観に行くまでなんだか腰が重かった。
もちろん観たら観てよかったと思うんだけどね。
この「観ないで済む映画はないかな」というのは ゲームをやらずに済ませたい吉田マリオと同じく「観たくない」のとは違うのです。観なきゃいいじゃんと言う事ではないのだ
映画を観て「ああ面白い、感動した」というのは味わいたいけどそこまで自分の気持ちを高めて行くのがもう何だか億劫なのだ。
そうなると映画館に足を運ぶのもなんだか決断までのっそりのっそりする。
もう観に行かなくても観た記憶だけピョヨーンと移植してくれないか

「君の名は。」も観る前から想像してた通り映画の前半までこの億劫な気持ちが続いていました。
(特に俺は最近話題の共感羞恥の持主なので人格入れ替わりものはケツがもぞもぞするのだ)
気持ちにスイッチが入ったのはやっとラーメン屋のシーンから。もちろん全体を通して良い作品だったし観終わったら観てよかったと感じています。そうなる(観てよかったってなる)事も想像通り。

(この辺例えばガルパン劇場版だと初手からドッカンドッカンなのが有難かったなあ。
シン・ゴジラも蒲田くんまでが割と早かったので会議のシーンも長くは感じなかった。)

勝手な推測ですがこういった気持ちは加齢性の鬱の入り口みたいなものかもしれない。
(加齢性の鬱なんて言葉があるかわからないけど)
刺激の少ない生活を送っていると、以前はワクワクしていた事にもだんだんトキめかなくなったり興味を失ったりしていくのかも知れません。そうして時間が過ぎるのもどんどん早くなって行くのだ。

これからは気の持ちようにも努力が必要になって来るのでしょう。


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:君の名は。 - ジャンル:映画

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

夢中か!

のっぴょっぴょ

絵、関係ないですが
長男がもうコロコロコミックを卒業すると言い出しました。

まあアレは低学年向けだもんな。自分から止めると言い出すあたり成長っぽいですが、
うちの長男の成長宣言はちょっとあやしい部分もあったりします。

アニメのポケモンの新シリーズ「ベストウィッシュ」も、
「もうポケモンは観ない」と言っていたにも関わらず
放映直前になったら

「(弟)は観たいっていうからやっぱり録画予約しといてあげて」

ふふ(ノ∀`)

案の定、観てる間中 知ってるポケモンの名前を言ったり
先の予想を言ったり。

夢中か!

まあ、コロコロも弟が読むのでまだ買いますが結局長男も読むのだろうw




さてポケモンアニメの新シリーズですが、

冒頭の「サトシ10歳」
でびっくり。

1stシリーズから一年も経ってなかったのかよ!ダイの大冒険か!
つーかサザエさんか!

アドバンスからこっち、「やや成長したサトシと第二主人公」の構図でやってたのを、
今回開き直ってサトシ中心に戻したようですね。

ポケモンは元のゲームがR.P.G.である以上、
お話は「成長の物語」にどうしてもなってしまう。
しかしピカチュウももういいかげん強くなっちゃってるはずだし、
サトシが一つ一つ学んでいくパターンにも限界がある。
かと言って「サトシとピカチュウ」はもうはずせない
そこでゲームのメジャーアップに合わせて、ゲームで主人公を女の子にした場合の
ビジュアルであるトレーナー1年生の第二主人公(ハルカ、ヒカリ)を同行させて
その成長も描いて行く構図が作り出されたと思います。

今回それは止めたようですね。
どうも初心者に戻ってしまったサトシに違和感を覚えます。
弱らせてからボールを投げるのも忘れてたり、喋り方とかも
ダイパのサトシよりも幼くなってたり。
だいたいバトルだって、電気技を封じられたくらいで
レベル1のツタージャごときに遅れをとるピカチュウでもあるまいに。

予告編を見ていて、ピカチュウがレベル1に戻ると思い
「ドラゴンボールGTか!」
と突っ込んだ人は多かったと思いますが、
どうやら「電気技が使えなくなった」のは一話だけだったようで。
(たぶん制作でも設定が二転三転したんじゃないかと)

俺としては、サトシをもう中学生くらいの感じにしてしまって、
サトシを先輩とか師匠とか呼ぶトレーナー1年生の第二主人公に
いろいろ教えて行く話にしてしまっても良かったんじゃないかと思います。

夢中か!

というわけで、今回ヒロインのアイリスは
どうも第二主人公的役割はなく、カスミ以来の純粋ヒロインになるんでしょうか。

ポケモンヒロイン最色黒そして最布地面積。

カスミが途中からトゲピーを抱っこするようになったのは
北米版放送でへそ出しルックがエロすぎるとの指摘があったことに配慮して
だそうですが(ムサシはオトナだからセーフ)
ポケモン女性キャラの伝統「何かエロくねーかこのコスチューム」の特色も
今シリーズからは廃される模様。

夢中か!



さて、ボカロ曲ですが
次回作のVの構想が出ないので次次回作の制作にかかろうとしたら、次次回作の歌詞につまって次次次回作の制作に入ってしまいましたw

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村


テーマ:ポケットモンスター ベストウイッシュ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |

アニ・クリ15



リンクにあるいのうえまんぼうさんのページでクリックして
アニ・クリ15 DVDブックを購入。
クリエイター15組による60秒アニメ15作品。メイキング付き。

新海誠目当てで買ってやっぱり新海誠が一番おもしろかった。

いのうえまんぼうさんのブログのコメントにもありましたが
全体的に「ロボットカーニバル」を思い出しました。
「ロボットカーニバル」はよかったなあ。
つーか「プレゼンス」はよかったなあ。
つーか少女ロボットが壊れるシーンがよかったなあ。
つーか足にオイルがポタるのがよかったなあwww


新海誠で思い出したけど(前も書いたような気もするけど)
「秒速5センチメートル」のセリフにアノマロカリスが登場したり、
舞台が岩舟だったりするのは偶然ですが、
「 す 」で


学校の帰り道でどうしても告白出来ない女の子を描いたのは
「秒速~」(オムニバス2話め)を観た影響が大きいですw

それにしてもこの「アニ・クリ15」の新開誠作品は
いつにもましてジブリっぽいよねえ。ネコの汗のかき方ひとつとっても。


なんか今日 文章の構成バラバラ。


新曲だいたい出来ましたがまたしばらく忙しいのでPVいつ作れるか。





テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。