風下に立ったがウヌが不覚よ…

迷える昭和の亡霊の面目ない日々。

禽獣の福音 #5

そういうわけで、昨日ニコニコにアップした新曲の元ネタw

禽獣の福音5

このような会話がありまして。そのまま歌にしました。



しかしなんだな、世の中ホントにパロディとパクリの区別がつかない中学2年生が多いですね。
ある程度コメにはパクリうんぬんの書き込みがあることは想像してましたが、
「キヨテルオリジナル曲」のタグを執拗に消してくるヤツがいて閉口しました。
もうロックしちゃえ!

替え歌やコード進行の写しならともかく展開もちがうのに。
トンチンカンなパクリ指摘厨や頻出コード進行指摘厨はもう少し自分を磨くことにエネルギーを使えと言いたい。

すいませんちょっとエラそうにしちゃいました。




スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

4コママンガ | コメント:4 | トラックバック:0 |

風船恐怖と禽獣バックナンバー

風船恐怖があるとTwitterに書きましたが、
風船が割れるのが怖い風船恐怖とは違います。(ソレはあんま怖くない)

風船が飛んで行ってしまうのが怖いのです。

だから米の自作気球騒動がヤラセと判明した時は胸をなでおろしました。

で、思い出したのでまた禽獣の旧作

旧作 禽獣の福音 #10
旧作10

9ヶ月とか言って長男が生まれる前のまんがですね。
シャツをパンツにインしてるよ。そんなバカな。
今となっては4コマ目のネタがほとんどわかりませんね。

さて、風船が怖い話に戻りますが

俺は風船が飛んで行ってしまうのが怖いのです。
ゴム風船が飛んで行ってもなんだか怖い。
自分は地面に立っているのに高く高く飛んでいってしまう風船を見ていると
きんたまがキューとなります。


まして人を浮かばせるサイズの気球が飛んでいくなど。
古い映像で風に煽られた飛行船を止めるべくロープを引こうとした人々が吊り上げられ飛んでしまい、力尽きた者からひとりまた一人と落ちていくのがありましたが、
そんなの見るともう心臓止まりそうです。
詳細は忘れましたがムーミンの小説で、風船を飲んでしまった子供が口から糸をたらしたまま飛ばされてしまう話(そういう夢だったかな)なんかすごいトラウマです。
きんたまキュー!
よくこないだ熱気球に乗れたな俺。

だから、あの日 朝のニュースで自作気球で子供が飛ばされた、落下した時には子供の姿はなかった、と聞いた時にはきんたまキューを通り越して絶望的に暗いココロモチのまま仕事に行くハメに。

後のニュースで茶番だったと判って、怒ったりする以前に

子供が無事だった事に心の底から安堵した次第です。

「そうか病気の子供はいないのか」よろしく イイひとぶってるわけじゃありませんが、
ほんとに ああ~よかった~よかったあ~とリアルorzで床に突っ伏しました。

風船が飛んでくのが怖い人って他にいませんかね。
他には、高く上がりすぎた凧も怖いです。





テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

4コママンガ | コメント:3 | トラックバック:0 |

帰ってきた禽獣の福音 #4

禽獣4


このあいだ芸能人の話になり
「アンガールズのキモい方が、」
と言った人がいましたが、私にはどっちがよりキモいかわかりませんでした。




テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

4コママンガ | コメント:4 | トラックバック:0 |

また禽獣バックナンバー014&002

ドラクエ9がDSでホントによかったです。そうじゃなきゃコドモのいる家でRPGなんかできません。ポケモンで寄り道しつつやっとラスボスが見えて来たとこです。

そこでまた禽獣の旧作から。長男が生まれたばかりの頃のです。
ドラクエ、XIIと言ってますがVIIの間違いですね

旧作 禽獣の福音 第14話
旧作014

ここにも「ご先祖サマ」がいたのでついでに初登場の第二話。
HP「MICKEY'S LAGOON」を始めたばかりの頃のです。
(いや その前身の「Narita Amusement Oasis」のだったかな

旧作 禽獣の福音 第2話
旧作002






テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

4コママンガ | コメント:3 | トラックバック:0 |

禽獣バックナンバー003&007

ホッとPサマも言ってましたが
ポケウォーカーを持ってると昔のポケットピカチュウを思い出します。

そこで 当時HPに月イチで描いていた「禽獣の福音」の旧作。第七話が三話の関連ネタだったのでついでに三話から

旧作 禽獣の福音 第三話
旧作003

ああこの頃は髪の毛がいっぱいあったし奥さんがスマートだ…

旧作 禽獣の福音 第七話
旧作007

真ん中のキャラについてはまた今度







テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

4コママンガ | コメント:8 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT